バストアップ

バストアップ大学|バストアップの全てがわかる総合情報サイト

バストアップに必要な全ての知識をあつめました。無料でできるバストアップ方法から、気になるあのバストアップグッズの効果まで、あなたの胸を喜ばせてあなたが幸せになる情報を配信しています。

乳首のかゆみ|3つの対処法とは?

読了までの目安時間:約 6分
e146

乳首がかゆくなった時の3つの対処法

『乳首がかゆい。。』

ときに、あなたはどんな対処をしていますか?

 

今回は、乳首がかゆくなった時の3つの対処法

についてご紹介します^o^

 

 

その3つの対処法とは。。

    • 乳首を保湿する
    • ブラジャーを見直す
    • 乳首を清潔に保つ

 

 

対処法1|乳首を保湿する

 

b91

 

乳首がかゆくなる一番の原因は『乾燥』。

乾燥を防ぐということが大切なポイントとなります。

 

具体的にどうやって乾燥を防げばいいのかというと

お顔のスキンケアと同じような感じでいいんですよ^^

 

化粧水で水分を補給して

乳液でフタをするといった感じです。

 

カンタンですよね^^

 

また、乳液の代わりに

バスト専用のクリームを塗るという方法もあります。

 

美白成分が入ったバストクリームもありますので

これを使えば保湿+黒ずみ対策にも使えます。

 

お風呂あがりに

顔のスキンケアと一緒に乳首のケアもしてあげると

楽チンですし、習慣化しやすいのでおすすめです♫

 

✿ memo ✿

叶姉妹のバストトップケア方法もおすすめです。

ヨーグルトとはちみつを使ったケア方法です^^

詳細は別ページでまとめています。

 ⇒ 叶姉妹のバストトップケア方法について

 

乳首と乳輪をピンク色にするため専用に作られた

バストトップクリームがあります。

ピンク色効果実感率がかなり高くて94.8%。

詳細は別ページをチェックしてみてください。

⇒ 乳首と乳輪をピンク色にするバストケアクリーム

 

対処法2|ブラジャーを見直す

 

e141

 

ブラジャーが乳首とすれることで

乳首が乾燥し、かゆくなる場合もあります。

 

特に、化学繊維の素材できたものは

皮膚を刺激しやすいという特徴がありますので

化繊のブラをつけていてかゆみを感じる場合は

ブラの素材を見なおしてみましょう。

 

コットンまたはシルク素材のものは

肌当たりがやさしいのでおすすめです。

 

できれば、ブラ全体の素材がコットンまたはシルクが望ましいですが

乳首が当たる部分(肌が当たる部分)だけコットン素材のものを

選んでもOKです。

 

対処法3|乳首を清潔に保つ

 

b90

 

乳首は汗腺が多くて汚れがたまりやすい部分なので

常に清潔に保つということが重要です。

 

しかし、だからといってゴシゴシ洗うのはNG。

 

泡立てた石けんやボディーソープを乳首の上にのせて

優しく手で撫でるように洗いましょう。

 

    • ナイロン性のタオルで洗わない
    • しっかり泡立てる

 

ということがポイントです^^

 

また、洗ったあとは

タオルで水分を吸い取るような感じで

拭くようにしましょう。

 

ゴシゴシ拭いてしまうと

皮膚が傷ついて乾燥の原因になってしましまいます。

ワセリンで乳首を保湿・保護するのもおすすめ♫

b79

 

乳首の乾燥がヒドイ場合

ワセリンを使うというのもおすすめの方法です。

 

ワセリンとは。。

 

『石油を原料としてつくられた鉱物油』のこと。

皮膚の上に塗ることでバリアをつくって

水分が逃げないようにしたり

皮膚を外部の刺激から守る、というはたらきがあります。

 

石油ってきくと肌に悪そう。。

というイメージがあるかもしれませんが

ワセリンは皮膚や粘膜に浸透しないので

安全に使うことができます。

 

舐めても害はないので

リップクリーム変わりにも使えます。

 

使い方は、化粧水で保湿してからワセリンを乳首に薄く塗るだけ。

 

ポイントは薄く塗ること。

 

塗りすぎが害になることはありませんが

ベタベタしますしますので

塗りすぎないように注意しましょう。

使用するワセリンの種類

ワセリンには、『ワセリン』と『白色ワセリン』があります。

 

白色ワセリンは、ワセリンを精製したものですが

乳首などカラダのデリケートな部分や顔に使う場合には

『白色ワセリン』がおすすめです。

 

薬局やドラッグストアで買うことができますので

ぜひ試してみてください^^

それでもダメな場合は。。

e182

 

いろいろ対策をしたけれど一向にかゆみがおさまらない

かゆみがずっとつづくという場合は

ごくマレではありますが

何かの病気になっている可能性があります。

 

もし、かゆみと同時に痛みを感じる

分泌物が出てくるという場合には

産婦人科や皮膚科、乳腺外科などで

診察いただくことをおすすめします。

 

 ⇒ 乳首にかゆみの原因についてはコチラ!

 

タグ :    

美バストケア 乳首・乳輪のケア   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る
FX