バストアップ

バストアップ大学|バストアップの全てがわかる総合情報サイト

バストアップに必要な全ての知識をあつめました。無料でできるバストアップ方法から、気になるあのバストアップグッズの効果まで、あなたの胸を喜ばせてあなたが幸せになる情報を配信しています。

バストアップ体験談|恋人ができたことがきっかけでバストアップに成功しました

読了までの目安時間:約 15分
b932

 

 

バストアップ・バストケアの総合情報サイト

バストアップ大学へようこそ!

 

 

このページではバストアップを実践している方が当サイトに投稿してくれた体験談を紹介しています。

 

今回体験談を投稿してくれたのはこちらの方です↓

 

ニックネーム:匿名希望

年代:30代後半

バストサイズ:Aカップ→Bカップ

 

バストアップサプリを使わず、自然と身体の力を使ってバストアップを成功させた

理想的な体験談となっています。

 

ぜひこの先を読んでみてくださいね♪

 

こちらのページでは当サイトが独自に行っている「バストアップサプリについてのアンケート」の回答をそのままバストアップ体験談として、掲載しています。

ご本人(アンケート回答者様)の同意を得ての掲載となっており、転載は不可です。あなた自身の参考にのみご利用ください。

1. 私がバストアップしようと思ったきっかけ

e108


20代のときに、恋人ができたことがきっかけでバストアップをおこなおうと決意しました。

 

私はAカップないほどの超貧乳でした。

 

学生時代では水泳の時間がたまらなくいやで水着の時はもちろんシリコン製カップを入れ、そうでないときもパッと入りのブラジャーやブラトップなどで超貧乳を隠していました。

 

胸を隠すためになんとなく猫背になり、姿勢も悪くなっていたことには気が付いていましたが、コンプレックスが強く胸を張って歩くことができませんでした。

 

しかし、恋人ができたときに、さすがにパッと入りのブラで隠し続けるわけにはいかなくなったので、本格的にバストアップしなくてはと焦りました。

 

私は、どちらかというと背が高くやせ形で、余計な脂肪がつきにくいタイプでした。

 

仕事中に机に置くものは無糖コーヒーとブラックチョコレートで、お酒を飲むときもおつまみをあまり食べないでガンガン飲んでしまうタイプでした。食生活に全く気を使っておらず、深夜まで仕事をすることが多かったため、肌の調子は悪く乾燥しているのに油分多めの肌質でした。要するに男性ホルモン多めの体質でした。

2. 実際に実践したバストアップの具体的な実践方法と期間  

e76

 

そんな男性ホルモン多めの体質から改善しようと実践したのは:

 

エストロゲンなどの女性ホルモンを増やす食材を多く取り入れた食事療法と、バストアップストレッチです。

 

朝食抜き、昼は外食、夜はお酒と軽いおつまみ、といった食生活を徹底的に見直しました。毎日、豆乳、納豆、ごま、山芋、たまご、アボカドをなるべくたくさん取り入れるよう心がけました。

 

食事は、野菜と鶏肉のささみ肉などの低カロリーのタンパク質を中心とした食生活を心がけました。

 

睡眠が大事だということも分かったので、深夜まで仕事をしたりお酒を飲みに行くことをできる限りなるべく控えて、睡眠時間をしっかり確保するようにしました。

 

いつもは夜が遅かったため、朝ごはんは食べないで出勤することが多かったのですが、朝食を必ず取ることにし、必ずたまごを食べるようにしました。

 

よく牛乳がバストアップに効くと聞いていたのですが、私はお腹がゆるくなってしまうため、豆乳を飲むようにしていました。

 

豆乳以外にも、大豆製品を多く摂取するように心がけました。

 

それと、テレビでグラビアモデルが推奨していたバストアップストレッチを実践するようになりました。

 

毎晩15分~20分くらいの短いものです。マッサージ方法は鎖骨から下へ、わきの下の肉から胸へとリンパ節を刺激するようにマッサージをおこなうやり方です。マッサージは半年ほどおこないました。食事のバランスに気を付けることは30代になった今でも続けています。

3. バストアップ方法をやってみた結果  

e44

 

できるだけ毎晩、眠る前に実践したところ、1か月くらいから少しずつ変化が見られました。

 

正直、これまで余っていたAカップのブラジャーがちょうどよくなってきたのです。

 

それと同時にマッサージで肩甲骨を動かしているからなのか、背中が引き締まってきたことに気が付きました。なんとなく丸まっていた背中がシャンとのびてきたのを感じました。背筋が少しついてきたようでした。

 

マッサージを続けて3か月ほどでAカップが少々きつくなりました。それと、アンダーがゆるくなってきたように感じ、ブラジャーが合わなくなってきました。

 

ブラジャーを買い替えたところ、Bカップになっていました。

 

食事療法の効果が出てきたのか、筋肉質だった胸の感触が変わってきたように思えました。胸の谷間も少しできるようになり、少しだけ自分に自信が持てる様になりました。

 

それと、男性ホルモン多めのオイリー肌であご下や、背中、肩ににきびができてしまうことが悩みでしたがにきびが少なくなり、オイリー肌が少し改善されていきました。

 

リンパ節を刺激するマッサージが良かったのか、食事療法が良かったのかわかりませんが、自分としては相乗効果だったのではないかと思っています。

4. これからバストアップをしようと思う人へのアドバイス

b165

 

バストアップの道は一日してならず、というのが本心からのアドバイスです。

 

まずは、自分の生活を素直に見直して睡眠時間や食生活を反省するのが近道だと思います。

 

どんなに忙しくても眠る時間を確保して、朝型の生活を心がけてください。

 

特に忙しい生活を送っている人にとっては、勉強や仕事などやるべきことを優先してしまい、自分の食生活は適当になりがちです。

 

とりあえずカロリーを取っていればいいや…といった感じで好きなものだけ食べておしまいになってしまうと、ホルモンバランスが崩れることになります。

 

私はもともと貧乳でしたが、思えば、高校生くらいから食生活をまじめに考えたことがなく、ダイエットの方が重要で、栄養素をしっかり見直すことをしてきませんでした。

 

私がおこなった方法は、バストアップだけでなく、肌や髪質改善にも効果的だったと思います。

 

即効性のあるバストアップ方法も世の中にはあるかもしれませんが、自分が口にしたものは自分の体を作るものになります。

 

千里の道も一歩からの気持ちでコツコツ、一回の食事を大切にとりマッサージをおこなうことが、長期的な目で見て自分に返ってくるメリットが多いと思います。がんばってください。

バストアップ大学 管理人の感想

e204

 

 

バストアップの道は一日にしてならず

 

当サイトでも同じメッセージを発信させていただいていて、すごく共感できるメッセージです。

 

バストアップしようとするとどうしても「一日でも早く胸を大きくしたい!」と気だけが焦り、

1週間してもバストに変化がなければバストアップをやめてしまう。。という方が多いんですよね。

 

もしあなたが同じように思ってしまいそうなら、こう考えてみてください。

 

 

    • 一日でバストアップできたら、一日でもとに戻る可能性が高い
    • 一日で胸が大きくなるバストアップ方法は身体に危険がある可能性が高い

 

 

少しずつ、着実に胸が大きくなるからこそ、

安定したバストアップが期待できるんです。

 

しっかりと、健康的で、安定したバストアップ方法を実践してもらえるようになる

きっかけにこちらの体験談がなれれば、すごく嬉しいです。

 

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンの代わりとなる効果が期待できます

体験談中に「牛乳を飲むとお腹を壊すので、牛乳の代わりに豆乳を飲むことにしました」というお話がありましたが、これは大正解です。

 

女性ホルモンは体内で分泌されてバストまで届くと、乳腺を刺激してバストの脂肪を増やす効果があるバストアップに超重要なホルモンです。

 

e57

 

この女性ホルモンの分泌バランスが悪くなっていたり、少なかったりするとバストが大きくならない。。という事が起こってくるんですが、大豆製品の豆乳には、大豆イソフラボンと呼ばれる女性ホルモンに化学式がすごく類似している物質が含まれているんです。

 

u32

 

この表を見ていただくと一番左の女性ホルモンと一番右の大豆イソフラボンがなんとなく似ているような気がしますよね。

 

だから、女性ホルモンの代わりに大豆イソフラボンを毎日の食生活の中で取り入れてあげることによってバストアップにプラスの効果が期待できるということが言えちゃうんです。

 

ちなみに、、世にあるバストアップサプリも女性ホルモンの代わりとなる植物性エストロゲンをサプリ成分から摂取することでバストアップ効果を狙うというものがほとんどです(有名な材料は、タイ原産の芋、プエラリア・ミリフィカです)

 

 

睡眠は成長ホルモンを促しバストアップを促進させる

 

バストアップのために睡眠を正しくしたというのもこれまた大正解ですね。

 

睡眠とバストアップの関係をお話するには避けて通れないのが成長ホルモン。

 

成長ホルモンはその名の通り、バストの成長を促す大切なホルモンです。

 

「でも成長ホルモンって成長期の子供のためのものでしょ?」

 

と思われるかもしれませんが、実は成長ホルモンは大人になってからも分泌され続けていて、身体のメンテナンス・修復という重要な役割を担ってくれているんです。

 

そして成長ホルモンは睡眠中に最も多く分泌されることが研究からわかっているので、睡眠を重視するということは、自動的に成長ホルモンの分泌を助けることになり、成長ホルモンの力でバストを大きくしていくことにもつながるというわけなんです。

 

関連ページ|成長ホルモンとバストアップの関係

バストアップストレッチ・マッサージもバストアップに高い効果が期待できます

 

バストアップストレッチってただ身体をマッサージするようなものなので、

 

「そんなのでバストアップできるわけないじゃない。。」

 

と敬遠して、手っ取り早いバストアップサプリに飛びつく方がいらっしゃいますが、意外とバストアップ効果が期待できるものなんですよ。

 

なぜかというと、そこにはリンパが関わってきます。

 

リンパ(液)は体内に流れていて、老廃物を取り除いて身体をキレイに保ってくれたり、病原菌をやっつけてくれる私達の身体の大切な機能です。こけて怪我をした時、怪我をした部分から液が出ている事があれば、それがリンパ液の場合がほとんどです(膿もありますが、そんなにすぐにはでてきませんからね ><)

 

このリンパ液には他にも重要な役割、バストアップに重要な役割があって、それがホルモンをバストに届ける役割です。

結論|食事・睡眠・リンパのトリプル効果でバストアップ!

 

しっかりと食事・睡眠でバストアップに重要なホルモンの分泌を促進してあげて、さらにバストアップストレッチでリンパの流れを促進して、バストに届くホルモンの量を多くする。

 

この3つのトリプル効果でこちらの体験談の女性はバストアップが出来たのだと言うのが当サイトの結論ですね♪

 

他にオススメのバストアップ方法はあるの?

 

バストアップの方法は色々とあるので一概にどれが効果があるとは言えません。

 

あなたがしてみたいと思うバストアップ方法を試してみて、あなた自身に合うのか合わないのかを見てみるのが一番良いと思います。

 

あなたに合った続けられるバストアップ方法でなおかつ効果を実感できるものを探す努力をしましょう。

 

それがバストアップに一番の近道だと思います。

 

バストアップの方法をまとめておきますので、よければ興味があるものをチェックしてみてください↓

 

 

皆のバストアップ体験談   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る
FX