バストアップ

バストアップ大学|バストアップの全てがわかる総合情報サイト

バストアップに必要な全ての知識をあつめました。無料でできるバストアップ方法から、気になるあのバストアップグッズの効果まで、あなたの胸を喜ばせてあなたが幸せになる情報を配信しています。

成長期の胸の大きさは、生活習慣が大きく関係してる?!

読了までの目安時間:約 8分
b47

その生活習慣が胸の成長を止めている?!

b47

 

胸が一番大きく成長する成長期。

 

あなたは、普段どんな生活習慣を送っていますか?

 

というのも。。

 

実は、その生活習慣が

胸の成長のジャマをしている可能性があるんです!

 

それはどんな生活習慣かというと。。

    • 朝は自分で起きれない
    • 毎日夜更かしで寝不足ぎみ
    • 好きなものしか食べない
    • ほとんど運動をしない
    • 寝る前はいつもスマホでゲーム

 

あなたはこの中のどれかに心当たりはありませんか?

 

一見、胸の成長とは無関係に思えますが

生活習慣と胸の成長は大きく関係しています。

 

特に、成長期の生活の送り方は人生の中で一番大切な時期

といっても過言ではないほど重要です。

 

毎日こんな生活をしていることで

『大きくなれたハズの胸も小さいまま。。』

という残念な結果になってしまう可能性があるんです。

成長期の生活習慣と胸の成長の関係

b56

 

成長期の生活習慣が、どうしてこれほどまでに胸にとって大事なのか?

 

これはなぜかというと、

成長期に多く分泌される『成長ホルモン』と関係しています。

成長ホルモンとは?

成長ホルモンとは

筋肉を強く大きくしたり、骨を伸ばして身長を大きくしたり

また、カラダの代謝をよくするというはたらきがあります。

 

成長ホルモンはカラダを大きくするだけでなく

カラダの弱った部分を修復するというはたらきもあるので

子供の頃だけでなく、大人になってからも分泌されます。

 

しかし、人生の中で成長ホルモンが一番多く分泌されるのは

10代の成長期で、13〜17歳がピークと言われています。

 

成長ホルモンと胸の成長の関係

では次に、成長ホルモンは胸とどんな関係があるのか?』

 

実は、成長期の胸の成長は

成長ホルモンによるはたらきが大きく影響しているんです。

 

そのメカニズムとは。。

 

まず、10歳前後にバストの中にある『乳腺』という場所に

ラクトゲン受容体』と呼ばれるものができます。

 

u31

 

そして、成長ホルモンが分泌されてラクトゲン受容体と結びつくと

乳腺が刺激されて乳腺が発達します。

 

乳腺が発達すると、乳腺を守ろうと乳腺の周りに脂肪がつきます。

 

その結果、胸は大きくなります。

 

つまり、成長ホルモンによって乳腺が発達して

胸が大きくなるということです。

生活習慣と成長ホルモンの関係

成長ホルモンと胸の成長に大きな関係があることがわかったところで

最後に生活習慣と成長ホルモンの関係についてみてみましょう。

 

実は、成長ホルモンは10代に多く分泌されるのですが

悪い生活習慣を送ることで分泌量が低下してしまう

可能性があるんです。

 

どんな生活習慣が影響してくるのかというと。。

 

    • 不規則な生活習慣
    • 栄養バランスの悪い食生活
    • 運動不足

 

主にこの3つの習慣が、

成長ホルモンの分泌を低下させてしまう原因となります。

不規則な生活習慣と成長ホルモン

e15

 

不規則な生活習慣とは、

毎日朝起きる時間がバラバラ、寝る時間もバラバラ

食事をとる回数やタイミングもバラバラな

生活のスタイルのことを言います。

 

不規則な生活を送ることで、

内臓や血管などを操作している

自律神経やホルモンのバランスが乱れやすくなります。

 

その結果、寝付きが悪くなったり、

熟睡ができないなど、睡眠に大きな影響が出てきます。

 

そして、睡眠時は成長ホルモンが分泌されるゴールデンタイム。

 

一日の中で成長ホルモンが一番多く分泌されるのは、寝ている時なんです。

 

このときに眠りが浅いと、

成長ホルモンの分泌量は低下してしまいます。

 

しっかり寝れたつもりでも、朝起きた時カラダがスッキリしない。。

だるい。。という時は、成長ホルモンの分泌量が低下しているサインです。

 

寝る前にスマホをいじいじ。。することは

このような自体を招きやすいので、おすすめできません。。

栄養バランスの悪い食生活

b151

 

また、栄養バランスの悪い食生活も成長ホルモンの分泌に関係します。

 

好きなものしか食べなかったり

しっかり量は食べているつもりでも

栄養素が偏っていれば、成長ホルモンの分泌が悪くなります。

 

特に、ビタミン、ミネラル、タンパク質が

成長ホルモンに大きく関係している栄養素なので

これらの栄養が不足してしまうと要注意です。

運動不足

z36

 

運動不足になると、カラダは自然と食欲が落ちたり

寝付きが悪くなったりします。

 

成長期は大人と同じくらいの栄養素を必要とする時期。

そんな時期に、食欲が落ちてしまったら

栄養が不足してしまって、成長ホルモンの分泌もダウン。

 

また、運動不足は睡眠とも関係しています。

 

あなたは、外で思い切りカラダを動かした日は

夜ぐっすり寝れたという経験はありませんか?

 

こんな時は目覚めがスッキリしていると思いますが

これは成長ホルモンがしっかり分泌されているサイン。

 

逆に、カラダをほとんど動かさずに過ごした時は

寝付きが悪く目覚めた時のカラダはだるい。。

睡眠の質が悪く、浅い眠りしかできていないので

成長ホルモンの分泌はうまくできていません。

 

このように、運動不足は成長ホルモン分泌低下の原因になってしまうんです。

成長期の胸の大きさと生活習慣の関係|まとめ

e244

 

成長期の胸の成長は、成長ホルモンが大きく関係していて

さらに、成長ホルモンはどんな生活習慣を送るかによって

分泌量が大きく変わってきます。

 

上記で説明したように、

不規則な生活を送っていたり

栄養バランスの偏りや運動不足などの習慣が影響してきますので

心当たりのある方は要注意です。

 

10代は成長ホルモンが人生の中で一番多く分泌される時期。

 

この時期に悪習慣を送っていたせいで

胸が大きくならなかった。。なんて悲しすぎます。。

 

もし、あなたがどれか一つでも当てはまることがあったなら

改善できそうなことから見なおしてみてください。

 

人生に一度しかない成長期。

胸をちゃんと成長させるために、

この時期はよい生活習慣を送ることを心がけて過ごしてくださいね^-^

 

 ⇒ 10代に身につけておきたい美バストの習慣

 

タグ :  

生活習慣   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る
FX