バストアップ

バストアップ大学|バストアップの全てがわかる総合情報サイト

バストアップに必要な全ての知識をあつめました。無料でできるバストアップ方法から、気になるあのバストアップグッズの効果まで、あなたの胸を喜ばせてあなたが幸せになる情報を配信しています。

ヨガでバストアップ|合せき前屈で女性ホルモンアップ!

読了までの目安時間:約 8分
b74

 

 

 

こんにちは!

 

バストアップ大学です♫

 

こちらでは、バストアップに効果的なヨガについて、ご紹介しています。

今回ご紹介するのは、「合せきのポーズ」です。

合せきのポーズとは?

b74

 

「合せき」と聞くと、何それ?

 

どんなポーズってちょっとイメージしにくいかもしれませんね^^;

 

あいせき?!みたいな感じで。

実は、これは「がっせき」と読みます。

 

知っていた人は、失礼しました^^;

 

合せきとは、左右の足の裏をピタリとあわせることをいいます。

 

今回はこの状態合せきの状態で

前屈をしていくポーズをご紹介します♫

合せきのポーズのバストアップ効果

b46

 

合せきのポーズがどんなポーズかイメージできたところで。。

 

「これがバストアップとどう関係あるの?」

とあなたは思われたかもしれませんね。

 

それもそのはず。

 

胸の筋肉を使いそうじゃないですもんね^^;

 

では、合せきのポーズにはどんなバストアップ効果があるのか?

 

それは。。

 

女性ホルモンの分泌量をアップさせる

 

ということです。

合せきのポーズで女性ホルモンの分泌量をアップできるワケ

合せきのポーズを行うことで

骨盤の中の血行を促進し

生殖器の状態を整えてくれます。

 

生殖器とは女性でいうと、卵巣・子宮などです。

 

(ちなみに、男性の場合は男性器のパワーアップができちゃうんです^^)

 

話を戻しまして。。

 

女性ホルモンは卵巣から分泌されていますので

合せきのポーズで、卵巣の状態を整えてあげることによって

女性ホルモンの分泌量をアップさせることができるんです。

 

バストアップに効果的だけでなく

女性特有の悩みである生理不順や生理痛を

改善する効果も期待ができます。

合せきのポーズをやってみよう!

e244

 

では、合せきのポーズをやってみよう〜!

と、その前に。。。

 

ヨガをやる前にちょっと頭に入れておいてほしいことがあります。

ポーズを行う前の準備

それは、ヨガの効果をより高めるための

ポーズを行う前の準備です。

 

何をするかというと。。

 

1)リラックスできる場所、服装で行う

2)体調のいいときに空腹の状態で行う

  (食後2〜3時間後)

3)できればヨガマットを使う

 

の3つです。

 

もうちょっと具体的に知りたいという方は

下記の記事でまとめていますので、チェックしてみてください^^

 

 → ヨガをする前に準備しておきたいこと

ポーズのやり方

では、お待たせしました!

 

合せきのポーズのやり方を説明しますね^o^♫

 

合せきのポーズのやり方

 

1)左右の足の裏同士をぴったりとくっつけます。

 

2)両手で足先を包み込むように持って

  両足のかかとを、できるだけカラダの方に引き寄せます。

  (いけるところまででOKです。)

 

3)鼻から息を吐きながら上半身を前に倒していきます。

  おへそをかかとにつけるイメージで!

 

4)3)の姿勢のまま5呼吸(約30秒)ホールドします。

 

5)鼻から息を吸いながら上半身を起こして

  元の状態に戻ります。

 

6)足をほどいてリラックスしましょう。

合せきのポーズの3つのポイント

e220

 

合せきのポーズは股関節が硬い人にとっては

結構むずかしいポーズかもしれません。

 

こんなことをいうのもなんですが

わたしは股関節がすごく硬いので

ほとんどカラダを前に倒すことができません。。

 

そこで、同じようにちょっとむずかしいな。。

 

という方にお伝えしたい

ポーズを取るときのポイントがあります。

ポイント1)お尻の下にクッションを敷く

股関節が硬くて上半身を前に倒せない人は

骨盤が後ろに倒れている可能性があります。

 

(わたしは、それです。。)

 

そこで、お尻の下にクッションや座布団を敷いて

お尻の位置を高くしてあげることで

骨盤をまっすぐの状態に近づけることができます。

 

これをやると、カラダの倒れ具合が全然ちがうので

ぜひ試してみてください^^

ポイント2)坐骨で床を強く押す

坐骨とは、骨盤の一番下の部分です。

座ったときに床にあたるお尻のとこの骨です。

 

この坐骨の部分がしっかり床についている状態にしましょう。

 

イメージとしては

坐骨を地面に向かって強く押し付けるような感じです。

 

しかし、骨盤が歪んでいたり

後ろに倒れ気味の方はなかなか難しいかもしれませんので

その場合は、ポイント1で紹介した

お尻の下にクッションを引くやり方でやりましょう。

ポイント3)背筋を伸ばす

上半身を前に倒す前に

背骨をまっすぐにして背筋をぴんと伸ばしましょう。

 

でも、あまりチカラが入り過ぎないように

リラックスした状態で伸ばします。

 

背筋を伸ばした後に

一回深呼吸をするとチカラが抜けるので試してみてください。

 

しかしこれも、股関節が硬い人にとっては至難の業。。

 

あれもこれも意識しながらやると

結局どれもできていない。。

 

ということになりますので

ポイントを1つずつクリアしていきましょう。

 

最近では、床に座るという習慣が減ってきたので

合せきのポーズをスムーズに行える人は少ないかもしれません。。

 

しかし、諦めてはダメです!

 

「最初は、足の裏同士をつけるので精一杯。。」

 

という方でも、毎日つづけて練習をすることで

少しずつ股関節がやわらかくなってきます。

 

わたしも大分やわらかくなった方です^^

 

ちょっと気が向いたときにやってみる

クセをつけると習慣化しやすいですよ♫

合せきのポーズの注意点

e10

 

合せきのポーズで一番注意してほしいのは

ヒザを無理に床につけようとしないということです。

 

手でヒザを強く押してしまいがちですが

これをすると腰の筋肉を固くしてしまい

逆効果になってしまいます。

 

ヒザを床につけようとするのではなく

股関節をイタ気持ちいい程度に伸ばすことを

意識しておこなってみてください。

合せきのポーズ|動画解説

合せきのポーズの取り方を上記のとおり説明しましたが

ちょっとわかりにくい。。

 

ということがあったかもしれません。

 

ポーズのポイントからやり方までを

動画でまとめていますので

コチラもぜひチェックしてみてください^o^♫

 

 

「合せき前屈のポーズ」については、ココまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^o^

 

『もっと別のポーズも試してみたい!』という方は

ぜひ「コブラのポーズ」も試してみてください♫

 

詳細は、下記リンクよりどうぞ^^

 

 →ヨガでバストアップ|コブラのポーズでバストアップ!

 

 

タグ :   

ヨガ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る
FX