バストアップ

バストアップ大学|バストアップの全てがわかる総合情報サイト

バストアップに必要な全ての知識をあつめました。無料でできるバストアップ方法から、気になるあのバストアップグッズの効果まで、あなたの胸を喜ばせてあなたが幸せになる情報を配信しています。

ヨガでバストアップ|コブラのポーズでバストアップ!

読了までの目安時間:約 10分
b52

 

 

 

こんにちは!

こちらはバストアップ大学です^o^ノ

 

こちらでは、バストアップに効果的なヨガのポーズをご紹介します。

 

今回ご紹介するのは、『コブラのポーズ』です。

コブラのポーズとは?

b60

 

コブラのポーズとは、

その名の通り「コブラ(蛇)」のような姿勢をとるポーズです。

 

ヨガの中では

カラダを後ろに曲げる(後屈)ポーズの

代表的なものです。

コブラのポーズのバストアップ効果

e217

 

コブラのポーズをすることでバストアップ効果が期待できます♫

具体的にどんな効果かというと。。

 

効果1)大胸筋を強くする 

効果2)猫背を改善する

効果3)バスト周辺の血行をよくする

効果1)大胸筋を強くする 

コブラのポーズでは、胸を大きく開いていきます。

 

胸を開くことで大胸筋が引き伸ばされて

筋肉に柔軟性をもたせて筋力もアップさせることができます。

 

大胸筋はバストを支える土台ですので

ここを鍛えることでバストアップ効果が期待できます。

効果2)猫背を改善する

コブラのポーズは背中の筋肉も使います。

正しい姿勢をキープするための筋肉を強化できますので

その結果、猫背を改善する効果が期待できます。

 

『バストアップに猫背改善?!』と思われたかもしれませんね^^;

実はバストアップのために姿勢をよくするということは

とても大切なんです。

猫背の状態だと、胸が圧迫されてバスト周辺の血流が悪くなり

バストに栄養が届きにくくなります。

また、見た目にもバストが下向きになって小さく見えてしますんです。

 

効果3)バスト周辺の血行をよくする

胸を開くことで、バスト周辺の血行をよくすることができます。

 

血行をよくすることで

バストへ栄養や女性ホルモンが届きやすくなり

バストアップ効果が期待できます♫

コブラのポーズをやってみよう!

では、コブラのポーズをやってみましょう!

でも、ヨガをする前に。。

b61

 

ヨガをする前に少しだけ準備をしましょう。

 

<カラダの準備>

できるだけ、お腹は空腹の状態で行うようにしましょう。

食事の直後にすると、消化不良の原因になりますので

食後は2〜3時間位あけましょう。

 

<ヨガを行う場所>

ポーズに集中できるように

だれからも邪魔をされない環境で行いましょう。

(携帯電話は切る、テレビを消すなど)

あなたがリラックスできる場所を選ぶといいですよ^^

 

<道具>

ヨガマットがある場合は、ヨガマットを使いましょう。

 

ない場合は、じゅうたんの上や畳の上で

何もひかずに行うのもひとつです。

 

また、大きめのバスタオルを使うのもいいのですが

その場合はタオルが滑らないように

すべり止めになりものを下にひいてください。

 

余裕があればヨガマットを買いましょう。

 

ヨガをするときは専用のヨガマットがあった方が

断然ポーズは取りやすいです。

 

1000円以下のものが通販などで手に入りますので

これを気に購入されるのもいいかもしれませんね^^

一枚あると、便利ですよ!

ポーズのやり方

e218

 

では、準備が整ったら

ポーズをはじめていきましょう♫

 

コブラのポーズのやり方)

1)床の上にうつぶせになりましょう。

 

2)両足をまっすぐ伸ばした状態で、肩幅に開きます。

  足の甲は、床の上につくようにします。

 

3)手のひらを胸の横に置きます。

  このとき、脇をしっかりしめるようにしましょう。

 

4)3)の状態で1呼吸します。

  (1呼吸とは・・・鼻から息を吸って、鼻から吐くを1回する)

 

5)鼻で息を吸いながら、胸をゆっくりと上げていきます。

  アゴが上がらないように、アゴは引いた状態にしましょう。

 

6)胸をあげている状態で、5呼吸キープします。

  (5呼吸 = 鼻で息を吸って、鼻から吐くを1セット ✕ 5回)

 

7)鼻で息を吐きながら、胸をゆっくり床へと下ろしていきます。

3つのポイント

コブラのポーズをするときは、

下記の3つのポイントに気をつけて行ってみてください。

 

ポイント1)呼吸はラクに、ゆっくりとした動作で行う

ポイント2)胸を開くイメージで行う

ポイント3)恥骨が床から離れないようにする

 

ポイント1)呼吸はラクに、ゆっくりとした動作で行う

ヨガに慣れていないと

カラダに余計なチカラが入って

息を止めてしまいがちになります。

 

つねに呼吸は自然な状態でできているか

ラクな状態でできているかということを

意識しながら行いましょう。

 

また、呼吸にあわせるようにゆっくりとした動作で

胸を上げ下ろししましょう。

 

呼吸を意識しながらゆっくりとした動作で行うことで

カラダがリラックス状態になって

ポーズを効果的に行うことができます。

ポイント2)胸を開くイメージで行う

胸を上げていくときは

胸を反らせるのではなく

胸を開くイメージで行ってください。

 

肩甲骨を背中の中心によせるようにして

胸を前に押し出すような感じです。

ポイント3)恥骨が床から離れないようにする

胸をどこまで上げるかということですが

あなたが気持ちいいと思うところまで上げてください。

 

しかし、恥骨が床から離れないように

ということを注意しましょう。

 

カラダが硬めの方は、無理して高い位置まで

胸をあげようとしなくても大丈夫ですよ♫

あくまでもカラダが気持ちイイ〜と感じるところでストップ!

 

恥骨とは。。

b59

 

(画像引用元: Wikipedia)

 

股と股のちょうど真ん中にある硬い部分が「恥骨」です。

3つの注意点

b62

 

コブラのポーズを行う上で、下記のポイントに注意してください。

 

注意点1)はじめは1日に5回までを目安に

注意点2)反動をつけないように!

注意点3)背中痛・腰痛の方、妊婦さんは控えましょう

 

注意点1)はじめは1日に5回までを目安に

コブラのポーズは1日に何回行っていただいてもOKなのですが

はじめての方は、1日に5回までを目安に行うようにしましょう。

 

普段動かさない筋肉を伸ばしすぎてしまうと

筋肉を傷めてしまい逆効果になってしまう可能性があるからです。

 

あなたのカラダの様子を見ながら、回数を決めてください。

注意点2)反動をつけないように!

腰が反らないからといって

胸を上げるときに「エイっ!」って

力強く反動をつけて胸を上げることは絶対にしないでください。

 

腰や背中の筋肉を痛める原因となってしまいます。

注意点3)背中痛・腰痛の方、妊婦さんは控えましょう

コブラのポーズは、腰や背中の筋肉を使っていきます。

背中に痛みがある、腰痛がヒドイ

または、妊婦さんの方は控えるようにしてください。

コブラのポーズ|動画解説

『ポーズの取り方が、いまいちピンとこない。。』

という方は、動画でも解説をしていますので

コチラをチェックしてみてください^o^♫

 

 

今回の内容はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

 

ヨガのバストアップ効果について

別記事にてまとめていますので

コチラもぜひチェックしてみてください^o^♫

 

 →ヨガの3つのバストアップ効果とは?

 

 

タグ :  

ヨガ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る
FX