バストアップ

バストアップ大学|バストアップの全てがわかる総合情報サイト

バストアップに必要な全ての知識をあつめました。無料でできるバストアップ方法から、気になるあのバストアップグッズの効果まで、あなたの胸を喜ばせてあなたが幸せになる情報を配信しています。

植物プラセンタでバストは大きくできるのか?

読了までの目安時間:約 8分
e73

 

バストアップ方法の一つとして

植物性のプラセンタエキスをとる、という方法があります。

 

こちらでは、

植物プラセンタでバストを本当に大きくできるのか?

ということについて、みていきたいと思います^o^

 

 

 

植物プラセンタとは?

植物プラセンタのバストアップ効果の話をする前に

まずは、植物プラセンタについてカンタンに

説明をしたいと思います。

 

まず、プラセンタとは「胎盤」のことを指しますが

 

植物の場合のプラセンタは「胎座」のことを指します。

 

胎座とは、めしべの一部で胚珠(はいしゅ)がついている部分です。

 

胚珠は、受精することで成長して「種」ができる部分です。

まさに人間(哺乳類)の胎盤と同じような役割があり

栄養素がギュッと詰まっている部分です。

 

(種が人間でいう赤ちゃんのようなイメージ)

 

実際の植物でたとえてみると

ピーマンを思い浮かべて下さい。

 

ピーマンの種がついている白いふわふわした部分

これが胎座です。

 

b112

 

この胎座から抽出したエキスが「植物プラセンタ」なのです。

 

⇒ プラセンタとは?|プラセンタ全般の知識についてはコチラ!

植物プラセンタはどんな植物をつかうの?

植物プラセンタの胎座の説明でピーマンを紹介しましたが

実際に使われている植物は下記のようなものです。

 

    • 麦(小麦、ライ麦など)
    • 大豆
    • トウモロコシ
    • アロエ
    • メロン
    • バラ など

 

プラセンタエキスのサプリの場合

上記のうち1種類だけというよりかは

何種類かの成分を配合しているものが多いです。

 

たとえば、

 

「プラセンタエキスの原料1種類 + その他の有効成分」

 

といった感じです。

 

※その他の有効成分とは、プラセンタ以外のエキスなどです。

植物プラセンタに含まれる成分

主にどんな成分が含まれているのかというと。。

 

    • アミノ酸
    • ビタミン類
    • ミネラル類

 

です。

 

動物のプラセンタと同程度含まれていると言われています。

 

※動物プラセンタとは、豚・牛・羊などのプラセンタ(胎盤)です。

植物プラセンタのバストアップ効果

b56

 

では、本題に戻りまして。。

植物プラセンタのバストアップ効果について

みていきたいと思います。

 

まず結論からいいますと、、

 

植物プラセンタで、バストアップ効果を期待することはできます。

 

植物プラセンタには

アミノ酸、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれていています。

 

植物のプラセンタに含まれる栄養素をとることによって

 

カラダの機能がアップし

バストアップしやすいカラダをつくることができます。

 

『えっ?!それだけなの?!?』

とあなたは思われたかもしれませんね^^;

 

 バストアップ方法として

植物プラセンタをとることは有効なのですが

あくまでも、バストアップしやすいカラダをつくる

ということがポイントになります。

 

バストを直接大きくするワケではありません

植物プラセンタのメリットとデメリット

ここであなたは

「植物プラセンタはあんまり効果がないかも。。」

と思われたかもしれませんね^^;

 

しかし、植物プラセンタはバストアップに無駄なのか?

といえばそういうわけではありません。

 

バランスのとれた栄養素をとることで

健康体になること、体質を改善することも

バストアップには重要だからです。

 

バストアップ目的で植物プラセンタをとるかどうか

迷っているという方は

下記に植物プラセンタのメリットとデメリットを

ご紹介しますのでぜひ、プラセンタ選びの材料として

参考にしてみてください^o^

植物プラセンタのメリット

e19

 

植物プラセンタのメリット

    • 動物性とくらべて安全性が高い
    • 動物性とくらべて匂いが気にならない

メリット1|動物性とくらべて安全性が高い

どうして植物プラセンタの方が安全なのか?

 

それは、動物プラセンタに使われる

動物の状態が関係してくるからです。

 

動物プラセンタには

家畜として使われる豚、馬や羊などの胎盤が使われています。

 

そして、たくさんの胎盤を手に入れるためには

たくさん子供を産ませないといけません。

 

そのためにどうするかというと

家畜に「ホルモン剤」を注射したり

エサに混ぜることによって

早く成長するようにします。

 

また、病気にならないように「抗生物質」をあげることもあります。

抗生物質を、病気の予防としてではなく

成長促進のために使うなんて話もあります。

 

これらの、ホルモン剤や抗生物質は

胎盤に残っていることがあるので

そのような心配のない植物の方が安全というわけです。

 

 

家畜に残っているホルモン剤や抗生物質を人間がとってしまうと

ホルモンバランスの乱れの原因になってしまう

という可能性があります。

メリット2|動物性とくらべて匂いが気にならない

豚や馬・羊のプラセンタエキスは

動物というだけあって独特の匂いがします

サプリの状態になっていても多少の匂いがあります。

 

一方で、植物プラセンタはほとんど匂いがなく気になりません。

 

匂いの感じ方は人それぞれなので

どっちがいいということは言えませんが

サプリの場合は毎日つづけてとるものなので

匂いに敏感な方は、植物プラセンタの方が続けやすい

と思います。

植物プラセンタのデメリット

e10

 

植物プラセンタのデメリット

    • バストアップ効果を実感しにくい
    • アレルギー体質の方は注意が必要

デメリット1|バストアップ効果を実感しにくい

バストアップ目的で植物プラセンタをとることは

無駄ではないものの実感できる効果は低めかもしれません。

 

 

それはなぜかというと、上記でも説明しましたが

バストに直接はたらきかけるワケではないからです。

 

あくまでも、体質改善、バストアップしやすいカラダをつくる

ということが期待できる効果だからです。

デメリット2|アレルギー体質の方は注意が必要

植物プラセンタの原料として

麦や大豆が使われているものがあります。

 

小麦アレルギーや大豆アレルギーの方は

これらの原料を使ったプラセンタをとることで

アレルギー症状が出る可能性がありますので

購入される前には、どんな原料が使われているのかを

しっかりとチェックする必要があります。

 

心配な方は、かかりつけの医師に相談するのが

一番安心できるのではないかと思います。

 

 

 

 

タグ :  

バストアップ成分   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る
FX