バストアップ

バストアップ大学|バストアップの全てがわかる総合情報サイト

バストアップに必要な全ての知識をあつめました。無料でできるバストアップ方法から、気になるあのバストアップグッズの効果まで、あなたの胸を喜ばせてあなたが幸せになる情報を配信しています。

バストアップ成分|ボロン(ホウ素)とは?

読了までの目安時間:約 6分
b102

ボロンとは?

b102

 

あなたは、

『キャベツを食べるとバストアップできる』

という話を聞いたことはありませんか?

 

ネットでバストアップ方法を調べていると

よく出てくる成分なので

もう知っているかもしれませんね^^

 

でも、それは本当なのか?

とちょっと疑ってしまいますよね。。

 

『そもそもボロンとは何なのか??』

 

ボロンは、日本語でいうところの『ホウ素』です。

(英名:boron, borax)

 

ミネラルの一種です。

 

ホウ素っていうとゴキブリ退治に使うホウ酸だんごを

思い浮かべるかもしれませんが

これはまた別のものなので安心してください^^

 

だって、ホウ素はあなたの身近にもある

たべものにも含まれているからです♫

ボロンが含まれる食べ物って?

b103

 

ボロン(ホウ素)が含まれている食べ物には。。

 

  • キャベツ
  • ブロッコリー
  • アボカド
  • りんご
  • もも
  • なし
  • ぶどう、レーズン、ワイン
  • アーモンド、ピーナッツ
  • 海藻類

 

 

など、いろいろな食物に含まれています。

ボロンにバストアップ効果あるのか?

b45

 

そして、気になるのがボロンのバストアップ効果ですよね^^

 

実は。。。

 

 

ボロンを食べたからといって

直接バストを大きくするという効果は期待できません

 

 

ボロンに期待できる効果の一つは

女性ホルモンの一種の『エストロゲン』

の分泌を活性化するということです。

 

しかし、エストロゲンの分泌が活性化されることで

ホルモンバランスが整いやすくなるので

バストアップしやすいカラダをつくる

という効果は期待できます。

 

女性ホルモンには

エストロゲンとプロゲステロンと呼ばれる

2種類があって、この2つのホルモンが

バランスよく分泌されることで

バストの中にある乳腺が刺激され発達します。

 

そして、乳腺が発達すると

乳腺を守ろうとその周りに脂肪がつき

その結果、バストが大きく見えるという仕組みです。

ボロンを摂る方法とは?

e233

 

バストアップしやすい体質改善に

ボロンをとるとなった場合、

どんな方法で摂ることができるのか?

 

まずは、一日の摂取量目安をみてみると。。。

 

ボロンの一日の摂取量目安=3mg

 

もし、食べ物からとるという場合は。。

(各食品100g当たりのボロン含有量)

 

  • 赤いりんご → 0.32mg 
  • キャベツ  → 1.45mg 
  • アーモンド → 2.82mg
  • レーズン  → 4.51mg

 

 

上記の数値を見れば

レーズンが一番多いですね^^

 

りんごの場合は、中くらいのりんご1個で約300gなので

3gのボロンをとろうと思うと約3個とる必要があります。

 

キャベツの場合は、1玉約1.5kgなので

1玉で考えると約21mgのボロンが含まれていることになります。

 

わたしたちが普段食べている食品に含まれているので

比較的摂りやすいといえそうですね^^

 

しかし、一つ注意が必要なのは

生の状態で食べないといけないということ。

それは、ボロンが熱に弱いからです。

 

また、食品以外には

サプリでとるのが効率がいいかもしれません。

 

サプリは1粒3mgでできているものが多いので

1日1粒飲むだけ^^

 

ボロンの摂取は毎日つづけることが重要ですので

続けやすさという観点からみれば

サプリが一番いいかもしれませんね♫

 

その他のバストアップ成分については

別記事でまとめています。

ぜひ、こちらもご参考に^^

 

 → バストアップ成分|プエラリア・ミリフィカ

 → バストアップ成分|ブラックコホシュ

 → バストアップ成分|チェストベリー

 → バストアップ成分|ワイルドヤム

 

タグ :  

バストアップ成分   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る
FX