バストアップ

バストアップ大学|バストアップの全てがわかる総合情報サイト

バストアップに必要な全ての知識をあつめました。無料でできるバストアップ方法から、気になるあのバストアップグッズの効果まで、あなたの胸を喜ばせてあなたが幸せになる情報を配信しています。

バストアップの知識|成長ホルモンが分泌量が減る生活習慣

読了までの目安時間:約 5分
u34

 

 

 

バストアップのための知識ならお任せ!

バストアップ大学へようこそ♫

 

 

 

 

こちらのページではバストアップに重要な成長ホルモンの

分泌量が減る生活習慣を紹介しています。

 

成長ホルモンは大人になってからも分泌されています

成長ホルモンと聞くと

 

『こどもの成長のためのホルモンでしょ?』

 

と勘違いされている方が多いんですが、

大人になってからもしっかりと分泌され続けています↓

 

u34

 

成長ホルモンはバストと身体を成長させるためのホルモンなので、

たしかに思春期〜25歳前後から一気に分泌量が減る傾向には

あるんですが、それでも60歳になっても一定量が

分泌されているのがうえのグラフから見ても見て取れますよね?

 

これはなぜかというと、

成長ホルモンには身体を修復するという役割があるからです

e72

 

成長ホルモンは体内の傷ついた細胞に

働きかけて修復をする身体のメンテナンス屋さんの

役割も担っているホルモンです。

 

なので成長期が過ぎてもずっと分泌されているんです。

 

成長ホルモンの分泌量を減らすような

生活をしていると成長ホルモンがバストに届かなくなってしまい、

バストダウンする可能性があります。

 

そうならないように、また成長ホルモンの分泌量を

増やしてバストアップしていけるように

このページでお話する内容を避けるようにしてみてくださいね♫

 

成長ホルモンの分泌量を減らす生活習慣

u54

お酒の飲み過ぎに注意!

お酒を飲むと肝臓でアルコールの毒素が

分解されるのはあなたも周知の事実ですね。

 

アルコールを飲むという行為が肝臓を必要以上に

働かせてしまっているわけです。

 

成長ホルモンは肝臓で(も)生成されるホルモンなので、

肝臓をアルコール分解のために働かせてしまうと、

成長ホルモンの生成が滞ってしまいます。

 

お酒はほとほどにしておきましょう。

就寝前のお酒はダメです!

よく男性で寝る前に「寝酒」をする方がいますね。

女性でも寝る前に寝やすくするために寝酒をしている方も

中にはいると思います。

 

これはやめておきましょう。

 

成長ホルモンは就寝後3〜4時間が分泌の

ピークだと言われています。

そして睡眠の質が高ければ高いほど、

成長ホルモンの分泌量が増えることも知られています↓

 

u35

 

寝る前にお酒を飲んでしまうと、

肝臓などの内蔵器官がお酒の分解に

働かされてしまい休むに休めません。

 

すると睡眠の質が落ちて成長ホルモンの分泌量が減る結果になるので、

寝る前の飲酒は出来る限り避けていただいた方が良いでしょう。

ストレスで成長ホルモンの分泌量が減ります

u17

 

ストレスを受けると、身体はコルチゾールという

物質を分泌します。

 

そしてコルチゾールはソマトスタチンと呼ばれる

成長ホルモンの分泌を抑制する物質を分泌することが

わかっています。

 

なので、ストレスを感じたら成長ホルモンの

分泌量が減ってしまうわけです。

 

そうならないようにストレス発散の術を

身に付けることが重要です。

ラクトゲン受容体の分泌量を増やしてバストアップ

ここまでお話してきた成長ホルモンですが、

バストの乳腺の中に存在しているラクトゲン受容体と呼ばれる

物質と結びつくことでバストを大きくすることがわかっています。

 

逆に言えばラクトゲン受容体の量が少なければ

いくら成長ホルモンが分泌されたとしても

あまりバストアップ効果は期待できません。

 

以下のページでラクトゲン受容体の量を

増やす方法をご紹介していますので

あわせて参考にする事をオススメします↓

 

バストアップの知識|ラクトゲン受容体を増やす方法

 

 

 

 

 

 

タグ :    

バストアップとホルモン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る
FX