バストアップ

バストアップ大学|バストアップの全てがわかる総合情報サイト

バストアップに必要な全ての知識をあつめました。無料でできるバストアップ方法から、気になるあのバストアップグッズの効果まで、あなたの胸を喜ばせてあなたが幸せになる情報を配信しています。

バストアップの知識|豊胸するなら男性ホルモンは減らすが得策

読了までの目安時間:約 8分
z45

 

 

 

 

バストアップのことならお任せ!

バストアップ大学へようこそ♫

 

 

 

こちらのページではバストアップのために

知っておきたい男性ホルモンについて紹介しています。

 

男性ホルモンは男性のためのものじゃないの?

z76

 

たま〜に勘違いされている方がいるんですが、

男性ホルモンは男性しか持っていないと

思っている方がいます。

 

でも実際は違って女性の中にも男性ホルモンは存在しています。

 

男性ホルモンはステロイドホルモンと呼ばれる種類の

ホルモンで肝臓でつくられたコレステロールを元に

生成されるホルモンです。(←参考まで、覚える必要はありません)

男性ホルモンといえばテストステロン

男性ホルモンには

 

  1. テストステロン、
  2. デハイドロテストステロン、
  3. アンドロステンジオン
  4. デハイドロエピアンドロステンジオン

 

と呼ばれる4種類が存在しているんですが、

この中でもテストステロンは男性ホルモンの代表として

紹介されることの多いホルモンです。

 

テストステロンの女性に対する効果は後ほど、

男性ホルモンの効果についての説明の時に

まとめてお話しますので、まずは気にせず話を

進めていきましょう。

女なのに男性ホルモン?なんで?

e148

 

女性が女性らしくあるために必要な女性ホルモン、

バストの乳腺にはたらきかけてバストアップさせる

効果もある重要なホルモンです。

 

実は女性ホルモンは男性ホルモンが元になって

作られているんです。

 

男性ホルモンが酵素の力によって変形することで

女性ホルモンができて私たちの身体を

女性らしく保ってくれているというわけなんですね。

 

でも全てが女性ホルモンに変形するわけではなくて、

だいたい5〜10%程度が男性ホルモンのままで

私たちの体内に残ってしまうということが起こります。

 

*関連ページ|女性ホルモンとバストアップの関係

男性ホルモンが持つ効果

男性ホルモンは女性ホルモンの元となる

女性にとっても重要なホルモン。

 

それだけでなく一部は男性ホルモンのまま

女性の身体の中に残って:

 

  1. 陰毛を生やす効果
  2. 性的衝動を促す効果(セックス欲求効果)
  3. 神経・血管を守る効果
  4. 骨や筋肉を成長させる効果

 

という主に4つの大切な役割を果たしてくれています。

 

男性ホルモンの一種、テストステロンの受け皿となる

レセプターがクリトリスや膣内、バストといった

女性が感じる部分にあるのも、2の性的衝動を

促すというところに深く関係していると言われているんですよ。

男性ホルモンはバストアップの大敵

e103

 

うえで男性ホルモンの体内量はだいたい5〜10%だと

お話しましたが、これは生活や性格、生活環境により

変動します。

 

そして男性ホルモンが過剰に多い身体になってしまうと、

バストアップにとってかなりマイナスなことが起こってしまいます。

 

それは↓

 

男性らしい体つきになるということです。

 

男性らしい身体つきとはつまり、

バストが無い身体つきのことです。

 

もっと簡単に言えば

 

バストダウンしてしまう可能性が高いという事なんです。

バストアップのために男性ホルモンの分泌量を上手にコントロールする方法

男性ホルモンは女性ホルモンを作ったり、

性的衝動を促すのに重要なホルモンなので、

分泌をゼロにしてしまうと、

 

女性ホルモンの量が減りバストが育ちません。

 

これはバストアップにとっても逆効果なので、

男性ホルモンを減らすという考え方は間違いで、

 

(男性ホルモンを)女性ホルモンに変換する量を増やす

 

というのがバストアップにとっては正解の考え方です。

 

そのための方法は以下の4つです。

女性ホルモンの量を多く保つための4つの方法

  1. 充分な睡眠をとる
  2. 強いストレスをなるべく避ける
  3. 偏食(=肉に偏った食生活)を避ける
  4. 筋トレをしすぎないようにする

 

1は別として

 

2.は社会という荒波を乗り越えて家族を守っていかなければいけない

男性のためには重要なことですね。

3.の肉食はイメージでも男性っぽいという感じがします。

4.はまさに男性っぽいといえる行為ですね。

 

このような男性らしい行為を繰り返していると、

身体がその行為に引っ張られて男性ホルモンを

多く残すようになってきてしまいます。

 

なので、1〜4の行為をできるだけ避けてやることが

男性ホルモンを減らし女性ホルモンを増やす方法です。

女性が男性化することだってあるんです

女性でもボクシングなど戦いという男性的な世界に

入ってしまうとすね毛やヒゲが生えてきたりします。

さらにこの状態を長く続けると生理が止まるという

ことまで起こってしまいます。

 

全ては自分の行動に対して身体が順応してくれた結果です。

 

戦わなければいけないという環境やストレスフルな

環境に身を置けば、男性ホルモンの体内量が増えて

私たちの身体が否応なく順応していくということが

実際に起こる証拠です。

 

なので、女性らしく美を追求するなら、

 

かわいいやバストをキレイに見せたいなど、

美を意識して生きることが重要です。

 

なかには、男性に負けずに生きていきたい!と

思う人もいると思いますし尊敬すべきことだと

思います。

 

でも同時に女性としての美を追求して

美しくバストも身体もキレイに保ちつつ

世の男性に打ち勝っていってほしいです♫

 

そんな働く女性のバストのキレイを

応援するサイトであるように当サイトは

これからも前向きにいろんな情報を

配信していきますのでよろしくお願いしますね。

 

なんだか最後はこのホームページの

宣伝のようになってしまいましたが

これでこのページは終わりです。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

 

このページがあなたにとって有益なものであったことを

心から願っています☆

 

 

 

 

 

 

タグ : 

バストの知識 バストアップとホルモン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る
FX