バストアップ

バストアップ大学|バストアップの全てがわかる総合情報サイト

バストアップに必要な全ての知識をあつめました。無料でできるバストアップ方法から、気になるあのバストアップグッズの効果まで、あなたの胸を喜ばせてあなたが幸せになる情報を配信しています。

バストアップの知識|成長ホルモンを増やす方法

読了までの目安時間:約 8分
b45

 

 

バストアップのことならなんでも分かる

バストアップ大学へようこそ!!

 

 

 

こちらのページではバストアップのために重要な

成長ホルモンの分泌量を増やす方法をお話しています。

成長ホルモンを増やしてバストアップしよう!

成長ホルモンは大人になってからも

分泌され続けていて身体や細胞を修復してくれています。

 

そしてバストの乳腺にも作用して

胸を大きくする役目をしてくれているんでしたね。

(詳しくはバストアップの知識|成長ホルモンとは?

 

ここから成長ホルモンの分泌量を出来る限り増やして

バストアップできる確率を高める実践的な方法を

紹介していきます。

 

ぜひあなたの生活に取り入れられる部分から

実践してみてください。

 

それだけでバストアップの確率が高まります!

実践!成長ホルモンによるバストアップ法

b44

睡眠の質が良ければ良いほど胸が大きくなる

 

u35

引用元|hagegaku.com

 

こちらのグラフを見てみると、夜12時(就寝後)からグラフに

黒い線が追加ででてきているのがわかりますね。

 

この黒い線が成長ホルモンの分泌量を表しています。

 

そして下のオレンジ色の線と対比してみてみると、

深い眠りと浅い眠りの波と反比例するように

成長ホルモンの分泌量も上下しています。

 

成長ホルモンは深い眠りの状態にあるときに

もっとも多く分泌されますので、

アロマなども使って睡眠の質を高めるようにしましょう。

夜は12時までに寝ましょう

e81

 

一節のよると夜10〜2時の間が

成長ホルモンが分泌されやすい時間だと

言われています。

 

この時間帯はゴールデンタイムと呼ばれることもあるんですよ。

 

ただしゴールデンタイムについては諸説があるようで、

寝てから3〜4時間の間に成長ホルモンが一番分泌される。

寝る時間帯には関係がない、という節もあるのが実情の所。

 

このため当大学では深夜12時までの睡眠を推奨しています。

なぜかというと↓

昼夜逆転の生活はNGです

昼夜逆転の生活をしてしまうと、

昼間に睡眠をする形になりますので、

夜のように静かな環境でぐっすりと眠ることが難しくなります。

 

すると睡眠の質が悪くなり、

成長ホルモンの分泌を妨げる原因になります。

 

なので夜12時ごろまでに寝て、

身体をじっくり休ませてあげるようにしましょう。

お腹が空いてから30分我慢してみましょう

お腹が空くと身体が低血糖状態になることで、

成長ホルモンが分泌されるという事が

近年の研究でわかってきています。

 

『ん?ん?空腹→低血糖→成長ホルモン?どういうこと?』

 

低血糖状態に陥ると脳が肝臓でグルコースと呼ばれる物質を

生産するように命令します。

そしてグルコースの生産に必要になってくるのが

成長ホルモンなんです。

 

このため

 

空腹→低血糖→脳がグルコースを生産しようとする

成長ホルモンが分泌される→肝臓でグルコース生産開始

 

という流れの中で成長ホルモンが分泌されるんです。

 

ただし空腹を耐えるのもなかなかつらいと思いますので

30分程度がオススメです。(辛ければ15分でも良いですよ)

適度な運動が成長ホルモン分泌を促す

e14

 

運動をすると以下の2つが起こります。

 

 

  1. 筋肉部分に乳酸が溜まる。
  2. 筋肉が強く成長する。

 

 

この2つの間を結びつけているのが成長ホルモンだと言われています。

 

どういうことかというと、乳腺が溜まったのは

筋肉疲労が増えた証拠です。なので脳が乳酸の溜まり具合を

感知すると成長ホルモンを分泌して筋肉を補強するという事が

起きるからなんだそうです。

 

なので適度な運動で成長ホルモンの分泌を促進すれば、

疲労を感じている部分以外の身体の部位にも成長ホルモンが

届くようになりますので、バストに届いた成長ホルモンが

バストアップ効果を生むということが考えられます。

 

ただし、あくまで適度な運動です。

筋肉をつけすぎるとバストの脂肪が減って

バストダウンすることにもなりかねませんので注意しましょう。

成長ホルモンを分泌させるための食事は美味しい♫

成長ホルモンはペプチドホルモンと呼ばれる

アミノ酸が原材料のホルモンです。

 

アミノ酸はタンパク質の元となる成分なので、

逆にタンパク質を食事から摂取してあげると、

アミノ酸が生成されやすくなり、体内で成長ホルモンを

作りやすくなります。

 

ダイエットではタンパク質は悪者かもしれませんが、

バストアップという観点から見ればタンパク質は

バストアップの味方です。

 

さらにチョコには成長ホルモンの分泌を増やす効果のある

フラバノールと呼ばれる物質が体内で生成されるのを

助ける効果があるとされています。

 

なのでチョコを食べるのもバストアップ的に見ればO

良い行為です。

 

バストアップのための食事ってこう考えると美味しいですよね♫

成長ホルモンを注射する

美容外科では成長ホルモンの注射をうってくれます。

 

成長ホルモンを食事や運動といった間接的な

方法で増やすのではなくて、ダイレクトに

成長ホルモンそのものを体内に入れていくので

効果は確かなのがメリットです。

 

ですが費用がものすごく高いですのがデメリットです。

保険が効かずに1ヶ月で10万超えは当たり前の世界。

1ヶ月だけでバストアップできるわけではありませんので、

継続して注射を打つ必要がでてきます。

まとめ|バストアップのために変えるべきは普段の生活から

e204

 

バストアップのための成長ホルモン増加法を

ここではまとめて紹介させていただきました。

 

最後ご紹介したの方法・成長ホルモン注射を行えばたしかに

高い効果が期待できるとは思いますが、

なかなかどうしてお金が高くて手が出しにくい方法です。

 

よければ睡眠や食事といった

手みじかで簡単にできる方法から

はじめて見てください。

 

睡眠の質を高めることには女性ホルモンの分泌量も

増やす効果があり成長ホルモン・女性ホルモンダブルの

効果でバストアップできる可能性があります。

 

そして!

 

成長ホルモンの分泌を妨げる生活習慣を

同時に改めていくことがバストアップには効果的です↓

 

バストアップの知識|成長ホルモンが分泌されなくなる生活習慣

 

 

 

 

タグ :

バストの知識 バストアップとホルモン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る
FX