バストアップ

バストアップ大学|バストアップの全てがわかる総合情報サイト

バストアップに必要な全ての知識をあつめました。無料でできるバストアップ方法から、気になるあのバストアップグッズの効果まで、あなたの胸を喜ばせてあなたが幸せになる情報を配信しています。

バストアップの知識|ラクトゲン受容体とは?増やし方は?

読了までの目安時間:約 6分

 

 

 

 

バストアップの知識なら当サイトにお任せ!

バストアップ大学へようこそ!

 

 

 

 

 

こちらのページではバストアップに興味があるなら

ぜひ知っておいてほしいラクトゲン受容体についてお話しています。

 

ラクトゲン受容体とは?

e182

 

ラクトゲン受容体は乳腺の中に存在している

成長ホルモンのレセプターです。

 

『レセプター?!なんじゃそりゃ?』

 

と思われるかもしれませんので簡単に説明すると、

要は成長ホルモンの受け皿です。

 

凸凹があるとして凸が成長ホルモンなら凹がラクトゲン受容体です。

 

成長ホルモンが肝臓などで分泌されて乳腺に届き、

ラクトゲン受容体と結びつくことで、凸凹が合わさって、

はじめて成長ホルモンがその効果を発揮することが

できるんです。

 

女の子がバストアップするのはラクトゲン受容体のおかげ!

成長期の時期(12〜18歳)になると

女の子の身体の中では成長ホルモンが盛んに

分泌されるようになります。

 

そして思春期の後半を100%だとすると、

20代中盤は50%、30代になれば25%と

その後急激に分泌量が減っていきます。

 

ラクトゲン受容体が乳腺内に存在している状態で、

成長期の成長ホルモンの分泌が盛んな時期を

迎えた場合、ラクトゲン受容体と成長ホルモンの

結びつく量が増えることでバストが成長していくので胸が大きくなります。

成長期のバストアップしなかったのはラクトゲン受容体が原因

『そんなこと言うけど、私の胸小さいよ?』

 

という場合は残念ながら、成長ホルモンの分泌が

活発な時期にラクトゲン受容体の量が

乳腺内にあまり多くなかった可能性が高いです。

ラクトゲン受容体の分泌時期には個人差がある

バスト内にラクトゲン受容体ができてくるのは

個人差があって、10〜30歳までと幅が広いんです。

 

20代からラクトゲン受容体ができてきた人と、

10代からラクトゲン受容体があった人では、

バストが受けとる成長ホルモンの量にかなりの違いがでるので、

バストサイズにかなりの開きがでてきてしまいます。

 

『。。。じゃあどうしろって言うのよ!!』

 

と投げやりになる必要はありません↓

そんな時は大人になってからバストアップしましょう

b44

 

先ほどお話したようにラクトゲン受容体は

10〜30歳の間に体内で分泌されるというのが

定説ですので、10代の時にラクトゲン受容体が

なかったとしても20代の時にできている可能性があります。

 

このため成長期の時に胸が大きくならなかったからといって

まだ諦めるのは早いんです。

 

大人になってラクトゲン受容体がある状態で

バストアップを実践、成長ホルモンとラクトゲン受容体の

結びつく量を増やしていけばバストが大人になってからでも

大きくなっていく可能性はおおいにあります。

ラクトゲン受容体を増やす方法はあるの?

ラクトゲン受容体が育乳効果に深く関係していて

バストアップに重要だということは証明されているんですが、

まだまだ研究中のため、

 

『確実にこれをすればラクトゲン受容体を増やせます!』

 

という方法はありません。

 

ただ

 

アミノ酸・ギャバ・Lーオルチニン・Lーアルギニン

 

と呼ばれる成分を摂取すれば、

成長ホルモンとラクトゲン受容体両方の活動を

活発にすることができると言われていますので、

ぜひ試してみてください。

アミノ酸・ギャバ・Lーオルチニン・Lーアルギニンを効率よく摂取する方法

それぞれの成分を濃縮した

サプリメントが販売されています。

 

なのでサプリの力を活用すれば

手間がかからずに良いでしょう。

成長ホルモンのバストアップ効果はバストダウンの心配がいらない

子供の時に胸が大きくなった女性のバストって

その後よっぽどのことが無い限りはバストダウンしませんよね?

 

このことは成長ホルモンの効果でバストアップした場合に

胸が小さくなることはないという強力な証拠になります。

 

なので、子供の時にバストが大きくならなかったからと言って

諦めずにこれから成長ホルモンとラクトゲン受容体の

効果でバストアップしていきましょう。

 

バストダウンの心配なく胸を大きくしていくことができます。

 

そしてあなたにもまだまだ可能性はあります!

 

そのために以下のページを参考にしてみてください↓

 

関連ページ|ラクトゲン受容体があるかどうか確かめる方法ってあるの?

 

 

 

タグ : 

バストの知識 バストアップとホルモン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る
FX