バストアップ

バストアップ大学|バストアップの全てがわかる総合情報サイト

バストアップに必要な全ての知識をあつめました。無料でできるバストアップ方法から、気になるあのバストアップグッズの効果まで、あなたの胸を喜ばせてあなたが幸せになる情報を配信しています。

バストアップの知識|ホルモンを知ってバストアップに役立てよう

読了までの目安時間:約 7分
e44

 

 

 

 

バストアップの総合情報サイト、

バストアップ大学へようこそ♫

 

 

 

こちらのページではバストアップに効果的と

言われるホルモンについての概要をお話しています。

 

バストアップにはホルモンが大事。。バストアップにはホルモンが大事。。

z76

 

これってバストアップに興味がある方なら

一度は耳・目にしたことがあるセリフですね。

 

でも、、

 

  • ホルモンっていったいなんなの?
  • ホルモンってどれくらいの数があるの?

 

って言うことを知っている人って

あんまり多くありません。

 

胸を大きくしたくて、ホルモンをバストアップに

役立てたいと思っているのに、

これじゃあなんだかもったいないですよね。

 

ホルモンの意味もわからず、

ホルモンでバストアップしようと思っても、

心の中のどこかでは↓

 

本当にこれでバストアップできるのかな?

 

と不安になってしまうと思います。

 

そうならないように、まずはこのページで

ホルモンとは何?ということについて

学んでいきましょう。

 

バストアップに効果のあるホルモン類については

別ページで詳しくお話していきますので、

まずはその前の準備体操のつもりで読んでいただけたらなと

思います。

 

ホルモンの数は全部で◎◎個!

人の体内にあるホルモンをまとめると以下の通りです↓

(ザッと読む程度でOK。覚える必要はありません)

 

蛋白質ホルモン(単純ペプチド、糖蛋白質)

 1. インヒビン

 2. 副甲状腺ホルモン(PTH)

 3. カルシトニン

 4. 甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)

 5. 甲状腺刺激ホルモン(TSH)

 6. 抗利尿ホルモン(バソプレッシン)(ADH)

 7. 副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)

 8. 副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)

 9. 性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)

 性腺刺激ホルモン

  10. 黄体形成ホルモン(LH)

  11. 卵胞刺激ホルモン(FSH)

  12. 絨毛性ゴナドトロピン

 13. プロラクチン(PRL)

 14. メラトニン

 15. オキシトシン

 16. インスリン

 17. グルカゴン

 18. ソマトスタチン

 19. 膵臓ポリペプチド

 20. 成長ホルモン放出ホルモン

 21. 成長ホルモン

アミン・アミノ酸誘導体ホルモン

 甲状腺ホルモン

  23. チロキシン

 副腎髄質ホルモン

  24. アドレナリン

  25. ノルアドレナリン

26. ステロイドホルモン

男性ホルモン

 27. アンドロゲン

女性ホルモン

 28. エストロゲン(卵胞ホルモン)

 29. プロゲステロン(黄体ホルモン)

30. 電解質コルチコイド(アルドステロン)

31. 糖質コルチコイド(コルチゾール)

 

数は合計で31ホルモン

 

結構な数ですよね。

 

それぞれが私たちの身体に必要不可欠なものとなっていて、

私たちが健康的に暮らすために役立ってくれています。

 

ホルモンを大きく種類分けすると3つに分けることができます

31個あるホルモンですが、種類わけがあって

3種類に分けることができます。

 

それがこちらです↓

 

  1. ステロイドホルモン
  2. ペプチドホルモン
  3. アミン型ホルモン

ホルモンの役割

ホルモンは身体の中や外の状況に適応するために

使用される体内物質です。

 

ホルモンを生成(合成)したり分泌する部分は

身体のあちこちに分かれていて例えば女性ホルモンは

卵巣で作られます。

 

ホルモンが分泌されると血液・リンパ液が

ホルモンの運び屋さんとなってくれて、

連絡すべき身体の部位に届くと、

その部位がホルモンに反応するようになっているんです。

 

ちょっと小むずかしい話だったかもしれません。

 

例をあげて説明してみましょう。

 

あなたとあなたの大切な人が結ばれて妊娠できたとします。

するとあなたの卵巣から女性ホルモンが

活発に分泌されるようになります。

 

この女性ホルモンがあなたのバストにある乳腺に届くと、

乳腺は「おっ!妊娠したんだな。おめでとう〜!」とは思わないと

思いますが(笑)、女性ホルモンに反応して乳腺を大きくしていきます。

 

すると大きくなった乳腺を守るために身体がバストに脂肪を

蓄えようとしていきます。

 

結果、バストが大きくなるという現象が起こるんです。

 

妊娠するとだいたい2サイズはバストが大きくなると言われているのも、

女性ホルモンというホルモンの働きが関係していたわけです。

 

妊娠という体内の変化に対応するためにホルモンが卵巣で出されて、

乳腺に届くと赤ちゃんにお乳をあげるための乳腺が大きくなる。

見事に体内の状態を妊娠というめでたいでき事に適応させていますよね♫

ふ〜ん、、でバストアップにはどのホルモンが大事なの?

e32

 

うえで紹介した31種類中、特にバストアップに

重要だと言えるホルモンは以下の4種類です。

    • 女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)

    • 男性ホルモン(アンドロゲン=テストステロン)

    • 成長ホルモン

    • メラトニン

それぞれの詳細については別ページでお話していますので、

ぜひ続きを読んでみてください。

 

関連ページ|バストアップとホルモン

 

 

 

 

 

 

 

タグ :    

バストの知識 バストアップとホルモン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る
FX