バストアップ

バストアップ大学|バストアップの全てがわかる総合情報サイト

バストアップに必要な全ての知識をあつめました。無料でできるバストアップ方法から、気になるあのバストアップグッズの効果まで、あなたの胸を喜ばせてあなたが幸せになる情報を配信しています。

バストのQ&A|ラクトゲン受容体があるか確かめる方法はあるの?

読了までの目安時間:約 3分
b46

 

 

 

 

バストアップの総合情報サイト、

バストアップ大学へようこそ!

 

 

このページでは成長ホルモンとともにバストアップに

重要な役割をしているラクトゲン受容体についてお話しています。

 

成長ホルモンがいくらあってもバストアップできない

e104

 

成長ホルモンは私たちが成長期を迎えるころに

たくさん分泌される胸を大きくするための

ホルモンです。

 

でも、、

 

成長ホルモンがいくら分泌されていたとしても、

それを受け止めるラクトゲン受容体が10代の頃に

バスト内に存在していなければ、

成長ホルモンがバストに受け入れられずに

 

バストは大きくなりません(悲)

ラクトゲン受容体は20代から分泌される場合があります

というのはラクトゲン受容体は20〜30歳までの間に

分泌される可能性があるからなんです。

(関連ページ|バストアップの知識|ラクトゲン受容体とは?)

 

20代でラクトゲン受容体が分泌されたとしても

成長ホルモンの分泌量が10代に比べて半分近くに

減ってしまっていますので思うようにバストは

大きくなりません。

 

このため、20代以上のバストには成長ホルモンの

分泌量を増やす努力が必要になってくるわけです。

 

ただ、、とは言ってもラクトゲン受容体が

乳腺内に存在していなければどれだけ頑張っても、

成長ホルモンの効果でバストは大きくなりません。

ラクトゲン受容体の有無を確認する方法は?

ゴメンナサイ!!

 

ラクトゲン受容体自体がまだ研究中のため、

科学的にどれだけあなたのバスト内に

存在しているかを調べる術がありません。

 

ラクトゲン受容体があるかどうかをチェックする

もっとも効果的な方法は↓

 

成長ホルモンによるバストアップ方法を実践する

 

という方法になります。

 

成長ホルモンの分泌量を増やすことで、

あなたの胸が大きくなったのなら、

それはラクトゲン受容体が成長ホルモンを

受け入れたということです。

 

ラクトゲン受容体が存在していなければ

成長ホルモンの力でバストは大きくなっていませんから。

 

これ以外に方法がないというのが悔しいところですが、

バストアップに成長ホルモンとラクトゲン受容体の

効果を用いることはかなり効果的な手法となっていますので、

ぜひ成長ホルモンの分泌量をアップさせる方法をためしてみてください。

 

関連ページ|バストアップの知識|成長ホルモンの分泌量を増やす方法

 

タグ :

バストなQ&A バストの知識 バストアップとホルモン   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
TOPへ戻る
FX